スポンサーリンク

ギタレレ

スポンサーリンク
ギタレレ娯楽
娯楽
スポンサーリンク

どうもです(=゚ω゚)ノ

ヤマハ製のギタレレを昔から愛用しています。

ギタレレ

フルサイズのキーボードと比較しても、コンパクトな事が分かります。

そう、この楽器の最大の魅力は携帯性というか、サイズ感です。

ドライブでも、キャンプでも、簡単に片手でひょいっと持ち運べます。

 

サウンドも可愛い音色です。ポロロンと弾くのが向いている感じ。

ギターのチューニングより1オクターブ高いです。

ギタレレは6弦=A。ギターは6弦=E。

コードフォームは、音は高いですが、ギターと同じフォームで行えます。

セッションの際は、ギターかギタレレ、どちらかが合わせる必要がありますが。

 

ギタレレに張る弦は、通常のクラシックギター弦を使います。

私は、ブリッジの処理が面倒なので、ボールエンド付きの弦を使用していますw

エレキやアコースティックギターの様に、ボールエンドでサクッと弦を変えれます。とはいえ、ナット部の処理は必要ですけどね。ギタレレはアコギを普段から弾いている方には、とってもコンパクトでかわいい存在になるでしょう。

ただ、過去にずーっとギタレレを弾いていた時期があるのですが、手が(指)縮みます。フォームに変なクセが付くというか・・・。ギタレレは12フレット付近はあんまり触らない感じです。あくまで私の感想ですが。

その後、フルスケールのアコギを弾いた際は、「弾きやすい!(^^)!」と感じる方が多いのではないかと思います。

ヤマハのギタレレは1万円でお釣りがくるんですが、それにしてはちゃんと音が出る楽器だと思います。ナットやブリッジに改造ができる方は、素晴らしいサウンドにチューニングしている方も知っています。ライブで使用する方もいますし。

ヤマハだけでなく、アリア製のモノや、コルドバ製のギタレレもありますし。

自粛中に、ギターを弾いている方も多いかと思いますが、気分転換にギタレレなんて言うのも良いかもしれませんよね。また、初心者の方でもボディも小さくてお薦めです。

心に愛と音楽を!

今回もお読みいただきありがとうございますm(__)m

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました