スポンサーリンク

懐かしいドラマ

スポンサーリンク
娯楽
娯楽
スポンサーリンク

どうもです(=゚ω゚)ノ

過去記事で東京ラブストーリー2020について書きました。

東京ラブストーリー
元祖東京ラブストーリーから29年後にリメイクされた東京ラブストーリー2020を見た感想。

時間を贅沢に使って、元祖東京ラブストーリーも見ちゃいましたw

1991年公開のフジ月9のドラマで、

最終回の視聴率は約35%を叩き出す人気ドラマ。

「東京では誰もがラブストーリーの主人公になる」

 

個人的には、29年前にリアルタイムで見ていたころ、

部活に明け暮れるバスケット部員。

初めての彼女ができるころだったでしょうか。

Amazonプライムビデオで探したら配信されていて一気見w(止まれないんですよね)

 

懐かしい。

脳内メモリーが29年前にアクセスして気持ちいい感覚にさえなります。

ストーリーもそうですし、時代背景や使用するアイテムでもそれを感じます。

  • 駅で公衆電話を待つ列
  • 千堂あきほさん
  • ポケベル
  • 車載電話
  • 巨大携帯電話(ショルダータイプ)
  • 小田和正さんのテーマソング
  • 駐車禁止の輪っか
  • ブラウン管
  • 全体的に小さめの傘(みんな肩濡れてる)
  • 缶コーヒー・ビールのプルタブが外れる
  • 写ルンです(インスタントカメラ)
  • コードレスフォンの形状

ドラマ見ながら、メモ帳をワキに置いて書き出し。

さっくり挙げても「懐かしい」と感じる点がありました。

 

そして、最終回。

何度見ても、何度見ても、「切ない」終わり方です。

カンチは電車の時刻に間に合うように駅に行ったのに。。。

リカはその一本前の電車に乗っていた。

そこには、「カンチ バイバイ」と書かれたハンカチが結ばれていた。

 

この結末、当時中学生の私には、理解できていそうでできていない内容でした。

おっさんになって、分かる29年前の大人の事情。

懐かしいドラマは、もしかしたらよい「脳トレ」になるかもです。


東京ラブストーリー(上) (文春文庫) [ 柴門 ふみ ]

因みに、柴門ふみさんのコミックも面白いです。

人物の性格がまた違う設定で、リカの自由奔放っぷりが更に強い感じ。

 

タイトルとURLをコピーしました