ネットカフェ コロナ

コロナ禍での営業休止や時短が打撃 「ネットカフェ」の倒産、過去最多を更新(帝国データバンク) - Yahoo!ニュース
 ネットカフェなど複合カフェ業界が新型コロナの影響で打撃を受けている。帝国データバンクの調査では、2020年度(昨年4月~今年2月)に発生した、漫画喫茶やネットカフェなど「複合カフェ」事業を主力とし

どうもデス。リンク切れになる可能性が高い「Yahoo!ニュース」ですが、一応貼っておきます。

新型コロナの影響で社会バランスが変わり、ネットカフェの倒産が急ピッチで増加しているそうです。

 

ネカフェの時間消費型ビジネスは、以前だとむしろ「硬い・堅実な」ビジネスの一つだったと思います。ある限定した人種だけでなく、幅広くリーチできますし。

でも、盤石ではない。一つだけの稼ぎの柱、しかもそれが雇われという状況だと、勤めている会社次第の人生に。これではあまりにも「足元」が緩んでいるのかもしれません。

 

私自身も、何とかして他の柱からも収入が発生する仕組みを構築しようと模索し行動していますが、まだまだ行動量が足らないみたいです。(希望額を稼いでいないから)

 

個人的には、若い世代の、産まれたときから「スマホ」がある世代の層の人たちの方が、考え方が現実的で、30.40代以降の育った「年功序列」社会と別のベクトルを持っている気がします。

 

例:良くも悪くも、結果重視で、日本古来の文化・伝統を足かせの様に考えない

 

古い考え・思考だと、「礼儀知らず」などといわれてしまうケースもあるかもしれません。でもね、伝来・伝承は先人の使命的な要素でもありますし、お互いに少しだけ寄り添うのもうまく仕組みが機能する方法の一つかもしれません。

まぁ、安全牌だろうと考えれた「ネットカフェ」でさえ、今は苦しい時代になってしまいまいたが、暗く落ち込まずに大切な個々の人生の時間を楽しめるよう動いて行こうと思うのでした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました