スタッフォードシャーブルテリア

ペット

どうも(^^)

 

我が家のピットブルのカワイコタン、

すくすく大きくなり、そろそろ30キロ?

に達しそうです。

 

 

ピットブルや、アメリカンスタフィーには、

必ず、スタッフォードシャーブルテリア、

の、DNAが入っています。

 

 

我が家のカワイコタンも、

イギリスのチャンピョン犬の血筋。

お母さん犬のお爺さんが、チャンピョン犬です。

 

 

カワイコタンのお父さん犬は、

猟犬の血が通う雑種。

 

 

雑種は、さまざまなDNA情報が混ざり、

土地土地の情報も入っているそうで、

身体が「強い」という特徴があるそうです。

 

 

 

スタッフォードシャーブルテリア、

が、もともとは闘犬や、牛いじめ、

をしていた先祖を持ちます。

ブルテリアです。

 

 

スタッフォードシャーブルテリアは、

愛犬家達から、愛玩犬として、

温厚な性格を伸ばすため、

室内や番犬として最適になるように、

 

 

そんな、願いの元、

年月をかけ完成したと聞きます。

 

 

個人的には、闘犬には反対です。

人間のエゴだけの為に行われる闘犬。

大怪我をしても、放置されることも少なくないとか。

 

 

闘犬をしている犬達は、

攻撃的で、闘争心が高く、

寿命が短いんだそうです。

 

 

私は、とてもじゃないけど

愛犬をその環境下に置けません。

 

 

スタッフォードシャーブルテリアは、

とても優しい心の持ち主です。

いや、犬全般的に言えることです。

 

 

その心を、

生かすも殺すも、

飼い主次第なんですね。

 

タイトルとURLをコピーしました